あるみんの適当ブログ

のろのろやります。旅/ラーメン/アニメ/

12/3(土)ポッピンQイベント上映会スーパー・プレミアム・ミーティングに参加してきました。

第一部です。


■到着まで
開場12:30
開演13:30

おそらく開始は13:30で間違いないのだが、席が中央寄りの位置だった場合、
時間ギリギリに入ると既に着席されている多人数に嫌な顔をされることになるので、はやめに着きたい

というのと

自身が方向音痴性格補正252振りということもあって
最寄の品川へは12:13に到着するようにした。

時間では10分程度で着くらしいので、とりあえずグーグルマップくんに従う。
従っているとただの住宅街に。ただ方向的には間違っていないのでさらに従う。


そして到着。



住宅街とマンションに挟まれた小道がどうやらステラボールらしい。


勿論そんなわけはないが、ナビを頼りにしていた僕にとってこれはかなりつらい状況に。
とりあえず入口を探さねばと、マップを頼りに反対側へ向かうも無い。
もう一度同じ道をナビを頼りに回るが、やっぱり同じ道。
さらにもう一度反対側へ行き、探すとなにやら大きな入口を見つけた。

最初この大きな入口はホテルへの入り口かと思っていたのだが、掲示板をよーくみると

ステラボール

という表記があった。


安堵して入場。
ここはステラボール以外にも施設がいくつもあり、位置を突き止めたられたのが駅についてから40分後の話し。
通常の4倍時間をかけてしまった。
うんち。

軽い昼食を済ませ、いざステラボールへ。
500円のドリンク代を払い、第一部の特典をもらう。
pop.png
カード5種とあさひちゃんもらいました。


そして入場、の前にいつもの
pp
やっぱりこういうのは撮らなきゃ!!
うーん。どうみてもあさひちゃんが最強ですね・・・。




そして本編



感想

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!(どこまでいえばいいのかが全くわからない)
ぬわあああああああああん(あさひちゃんかわいい)


おわり。

本編を見にきたのではないのか、と問われれば勿論そうだが
声豚くんにとってそれはおまけのようなものであり、声優を見ることに生きがいを感じるのだ。
声優個人個人の自己紹介や感想等述べるコーナーにおいて唯一といっていいほどウケを狙っていたえーでちゃんを見て僕の心はこころちゃんになりました。
また、声優以外にもOPを歌う方々(まじでごめんなさい)さんのダンスはよかった。
笑顔を絶やさないし、そして何より年齢が若すぎてはげた(14~18)。

MCがまさかのちゃんこで生ちゃんこを初めて見れたのは予想外の収穫だった。
絶対0,1キロある。そんなでかさだった。カビゴンってかんじ。








以下微妙なネタバレからの疑問点(ネタバレしまーす)※ドラッグ

色々あって主人公(小湊伊純)が地元に残りたい一心と東京へ行こうという家族との対立もあり、中学校の卒業式当日
学校最寄の駅とは正反対のほうへ進む電車へ乗車してしまう。

目を覚ますと
こんな駅あったんか
という発言と共に改札を出て砂浜にて綺麗なかけらを手にする。
拾った後に駅へ戻る際、勿論改札を通ることになるのだが
「定期の適用外だし、エラー吐かれるはずなのに」
というような発言をする。
ではなぜ駅に着いたとき改札を出れたのか。ここが不思議でたまらなかった。

これが実際地元にあった駅なのか、現実には存在していない架空の駅(一度寝ているので起きたときには異世界説)なのかは判断できなかったが、おそらくは前者。
かけらが原因で異世界に飛ばされるため、飛ばされる前が異世界とは考えにくい。





踊れば世界を救える    えぇ・・・

身体能力の向上やそのような能力に目覚めた描写がないのにも関わらず、下からロケットのような速さで急上昇してくる乗り物に怪我一つなく痛むこともなく乗り移る。


最終決戦らしき城に向かう際、敵がつよくて正面突破は無理と判断して裏口から侵入することにする。
城側に着ければそこから安全な橋をかけることができるが、城まで伸びているのは木製のもろい橋のみ。
つまりはまずこれを攻略しなければならない。

そこで、味方の解析能力を使ったところ、走ったところから崩れ落ちるが、とあるタイムで走りきれば大丈夫ということが判明し
陸上部である主人公が味方に応援されながら見事走りきるという感動のシーンなのだが

城にいるポッピン族(元々城の所持者はポッピン族。悪者に乗っ取られている形)が裏口から脱出として使うなら城側からかけられる安全な橋が存在する以上、そもそも脆い橋が存在する意味がないし
とあるタイムで走りきれるのが作中において、味方キャラの中では主人公しか存在せず、元々城を所持していたポッピン族ではこんなタイム出せるわけがないので、裏口から城に入る際に裏口を使う場合においてもこの脆い橋が存在する理由がない。

ぬわあああああああああああああああああああん


以上ひねくれうんこまんの感想でした!!!!!!!!!!!!1111
映画でアニメなんだからそんな突っ込むなと、言われそうだけど、一個人が気になった部分なので、優しい目で見つめてほしい。

ただ、絵はきれいだし、演技も違和感なかったし、OP,EDもめっちゃよかった。
あと大道あさひちゃんがかわいかった


なので、12月23日から上映開始されるポッピンQを見ましょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






おわり

スポンサーサイト
[ 2016/12/04 22:10 ] 今日の一日 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

あるみほいる

Author:あるみほいる
生息地:茨城県
ニコ生:http://com.nicovideo.jp/
community/co1211053
ツイッター:https://twitter.com/arumihoiru23

フリーエリア