FC2ブログ

あるみんの適当ブログ

アニメやゲーム、声優が好きなその辺にいる人。のろのろやります。旅/ラーメン/アニメ/声優/イベント

タイとラオスに旅行へ行ってきた ~五日目~

kai81.png
お世話になりました。




■9月10日
6:30起床(I my me my)
友達はそのまま南下して外国を堪能するようで、ここでお別れとなった。
さらば・・・

 一方僕はといえば、今日タイへ行き、その夜に日本へ飛び、朝着く予定である。


昨日のおじさんとした約束の場所はホテルから10秒もかからないが、約束の時間は13時
ラオスから飛ぶ飛行機くんは15時
ホテルのチェックアウトが11時


色々かみ合わなかったため、ホテルで11時過ぎても罪悪感と戦いながらちょっとだけ居させてもらい、ただやはり罪悪感に押しつぶされそうになったため20分でチェックアウト。申し訳なさをアピールしつつもお日様に照らされる外へ出る。
目の前で1時間40分も待つのは中々に苦しいので、昨日プーシーの丘へ行った入口まで歩き、目の前を川を眺めることにした。
kai70.png

昨日と同じ画像だけど、ここに座って時間を過ごしました。

kaikai.png
(画面中央の建物に隠れててかろうじて屋根の一部が見えるかな、ってくらいのやつが僕らの泊まったホテル)

 13時が迫ってきたため、ホテル近くの約束の場所へ戻るが、そこにおじさんの姿はない。
時間はまだ13時を回っていなかったので少し待っていたのだが、10分過ぎても来なかった。

あのおじさんが約束をすっぽかすなんてあるか・・・?ん、いやまて。約束したのは友達だ。もしかして時間間違えたとか?
いやいや13時って言ってたし・・・。
あ、寝坊?そりゃあるな。おじさんだって人間だ。遅れることなんてあるさ。もう10分経ったら違うトゥクトゥクで空港へ向かおう。


なーんて考えていたらおじさん登場。
どうやら僕が約束の場所へ戻ってくる間に既に着いていて、宿泊先で待っていてくれていたらしい。
僕は笑顔になった。だが残念。僕は散歩していたのだ。

 他のトゥクトゥクで空港へ向かうことで、おじさんへの罪悪感で心臓が握りつぶされることもなく安心した僕はおじさんのトゥクトゥクで空港へと向かうこととなった。
kai81.png

kaikai2.png

さらばらおす!!


運賃の50000kをおじさんに渡して空港へ。
正直泣きかけました。いやまじ。

■ルアンパバーン空港
目の前で外国人カップルがディープキスを何度も何度も繰り返し行うという意味不明イベントを目の前で見せられる中、空港内のクソ高いお土産やへ逃げ足で向かう。
バナナのチップが30000kとか中々やるやんけとか思いながらもお土産ないのはなんかなぁってなって仕方なく買う。
正直初めてくる外国でとくに調べもしていないもんだから、何買えばいいのかよくわからなかったっていうのもある。
多少高くても安定をとれ。
そんな声が聞こえた気がした。

 搭乗時間まで約2時間ほどあったが、スマホいじいじでなんとか乗り切って搭乗。
タイへ無事到着した。


■ドンムアン空港
タイの空港へ到着。といってもここから6時間以上も待つことになる。
お腹が減っていたし、バーツが余っていたので使うことにした。
kai83.png
400Bくらいしたと思う。日本でいう1300円くらい。普通にリッチ。
ただし、そこまで大きくない。手をめいっぱい広げた親指の先端から小指の先端がピザの直径。大したことはない。

懲りずにポップコーンも買っていた。疲れていたのか甘さに飢えていた説が濃厚。
そしてロビーで仮眠。1時間寝られたか不明だったが、なんとか時間になる。



が、ここで不幸に見舞われる。





搭乗時間が0:55
僕は多分頭がおかしかったので
「まあ、0:20くらいにチェックインすればええやろw」
と頭のおかしい思考をする。


ところが、時間になって場所に行くと、頭上のパネルでは数字が一致しているのに、人がいっぱいいるのだ。
時間ギリギリで攻めたのになぜか人がいっぱい。
裁き切れるのか?という不安があったのだが、並んでいた客がいっぱいだったし
まあ並んでおけばいいか、と赤信号みんなで渡れば怖くない戦法に乗る。
この時点でおかしいことに気が付いて手続きをお願いしていればなんとかなったかもしれなかった。


 おかしなことに気が付かずに並ぶ愚かな日本人はようやく異変に気付く。
「あれ、日本行きなのに、日本人がいなさすぎる」
そう。どう見ても外国人だらけなのだ。
日本からタイ、タイからラオスでさえ日本人を見たのに周りにはなぜかいないのだ。

そしてもう一つ
とぶのが0:55なのに、今は00:35。おかしい。
僕は焦った。焦って頭上の電光掲示板を見たら持っているものと頭上のそれの番号が変わっていた。

つまり僕が行った時点が乗るべき飛行機の最後の手続きであり、並んでいたのはすべて次の便の手続きであり、それは勿論日本行きではなく、なぞの場所へ行く手続きに並んでいた僕でアホでアホアホアホアホアホアホ


 パニックになり、とりあえず確認というか持っているそれを見せる
英語が分からなくても
「no」と「out」は聞こえた。というか表情がすべてが結果を示していた。

 僕はもう諦めた。
ただ、諦めたところで解決しない。
そう、新しいチケットがなければ帰ることができない。

途方に暮れつつもネットを利用しなんとか英語を話すが、場所が分からず。
空港内のトボトボと歩いているとAirAsiaの文字が

助かった助けてくれと言わんばかりに食いついたら邪険扱い。
違うスタッフに泣きついたら
「Do you speak English?」
と言われる始末。

自分の情けなさをかみしめつつも気合でなんとかして朝9時に飛ぶチケットを確保。
価格は8000b(2万4000円)

くそ高かった。空港でチケットを買うのはやめよう。


 そうして無事日本へ帰ってこれたのであった。






以上おしまい!!

総括
英語が喋れなくても相方がいればどうとでもなる。英語がどうしようもないなら一人がやめるべきだけど、なんとかなる。
僕ほどのうんこでもなんとかなった。なんとかなる。

何よりの失態は手続きミス。空港では時間がとてつもなく大事。少し遅れただけで万が飛ぶ。
今回で勉強になった。

空港チケットをネットで予約する際、Vプリカをクレカとして使っている方へ
今回僕はVプリカしかなかったので、これを利用したのだが、そもそもVプリカで航空券を予約には使えないみたい。
これは書かれていることなので、よく読んでいなかった僕のミス。
ただ、自宅で予約した際はできたので、当然帰りもできるものと思っていた。

日本→タイ
自分で予約済み(往復分。AirAsiaではない)
タイ→ラオス
友達が予約
ラオス→タイ
してない
タイ→日本
予約済み

問題はここ。帰りのラオス→タイは僕一人なので、僕一人で予約することになる。
帰る予定3日前の夜の段階で自宅と同じようにVプリカ予約を行おうとしたら、番号入力した段階で別にページに飛ばされた。
できていないのかとVプリカ残高を見るが、引かれている。
ただ、通知がこない。おかしい。自宅で予約したときは間違いなく届いた。

色々調べるとAirAsiaからの通知はezwebはダメということ。なので、速攻でGmailを作成。再度予約。
それでも届かない。おかしい。
そして調べてようやくVプリカがダメなことに気が付く。

友達に予約させるのもあれだったので、自分でなんとかすることを考える。
「AirAsia以外ならいけるかもしれないが、安いのはこれだし・・・でもでも」
なんて思考をして別のものにしようか考えたが、自分たちの泊まっているホテル近くにAirAsiaの受付場があることに気がついた。
というわけでそこで予約した。

幸運だったのが、この近くに受付があったこと。やっぱりそれなりに高かったけど、助かった。
ラオスの空港に着いた時、同じ受付場はあったけど、その時間に乗れたかは不明だし、なによりもっと高かったと思う。

 ちなみにVプリカ残高が引かれたのは単なる見間違い、もしくは手続きエラーで戻ってきてました。


なにが言いたいかというと
緊急時分のお金を持ち合わせた上で下調べをしっかりし、ちゃんとしたクレカを持ち、空港での時間を大事に

ということでした。
共にしてくれたお友達くんに感謝しつつ一足先に日本に舞い戻った9月頭。


おわり!!











おまけ

kaikai3.png
背脂らーめん宮本背脂醤油のせのせ大盛。
日本に帰ってきて我慢ができずに即食べることにした。
めっちゃうまかったです!!!!
スポンサーサイト
[ 2016/10/10 09:23 ] 今日の一日 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

あるみほいる

Author:あるみほいる
生息地:東京都
ニコ生:http://com.nicovideo.jp/
community/co1211053
ツイッター:https://twitter.com/arumihoiru23

フリーエリア