あるみんの適当ブログ

アニメやゲーム、声優が好きなその辺にいる人。のろのろやります。旅/ラーメン/アニメ/声優/イベント

タイとラオスに旅行へ行ってきた ~三日目~

kai37.png


いきますよーいくいく


■9月8日
 8:30起床。旅行先でだらだらしてもいいのに早起きの健康おじさん。
今日はクアンシーの滝へ向かう。

クアンシーの滝とは
ラオスのルアンプラバーン市街から南に約29kmにある3層からなる滝。メコン川の支流となる。

文章で書いてもよくわからないので、とっとと書いて画像はっつけます。


 滝へ向かうのは決定事項だが、このホテルも朝食がついている。
フロアへ向かうと外へ案内されメニューを渡され、どれがいい?と尋ねられる。
ここでは主食と飲み物を選択する。

外での朝食。きもちいい風を身体で感じながら朝食を待つ。あぁきもちい。
kai33.png
ピカピカの机や・・・

そんなこんなでタイのホテルとは大違いの待遇の良さに感動して涙を流していると到着。
kai34.png

メニュー名忘れたけど、なんちゃらライスだったと思う。
見た目はそうでもないけど、日本人好みというか外国特有の癖のある臭いが一切せず箸ならぬスプーンならぬ銀レンゲが進んだ。
デザートとしてパイナップルとよくわからないフルーツがついてきた。
よくわからないフルーツはよくわからない白いのによくわからないゴマのようなものが付着しているものだったけど、味が薄い以外は問題なくいけた。

飲み物はレモンジュースをセレクト。
これがうまい。日本でいうハチミツレモンなんだけど、くそうまだった。

 他のところでも勿論、昼食夕食と食べていくのだが、レモンジュースにハマりすぎてどこでも大体レモンジュースを注文することになるとはこの時思っていなかった。


 満足の行く朝食を終え、トゥクトゥクおじさんに声をかけられる。
めっちゃ優しそうだったので、このおじさんにお願いする。
この日から僕が帰る3日間、このおじさんに毎日世話してもらうことになる。


ぶおおおおおおおおおおおん
kai35.png
kai36.png
kai37.png

時間にして40分程度。途中道が悪い箇所があるので、眠っている内に着くなんてことはない。道中で叩き起こされる。
一種のアトラクションとして40分間楽しんでもらいたい。


 そして到着。おじさんはここで2時間待っててくれるらしい。ありがてぇ。
というわけで入場。
トゥクトゥクは往復で160000k。約2000円。
滝の入場料は20000k。約260円。

kai38.png

 入る前には屋台やらがある。
マッケートほどではないけど、服からサンダル、食事などなんでもござれなので、帰りに見るといい。
そして内部。
kai39.png
kai41.png
kai40.png

 1枚目の控えめな水辺を見つけたと思ったら、すぐに2枚目の水の量に驚く。
昨日が雨だったのか、水位が上昇してベンチがポツンと寂しく立っている。
また、流れが強く、調子に乗ってると流される。
余裕やろwとか思っても流される。足元程度の波でも舐めてはいけない。

こんな風に水を近くに感じるイベントをここ数年体験していなかったので、若干興奮した。

そしてさらに奥。
kai43.png
 マイナスイオンんぎもぢすぎぃ!
見て分かる通り、もう水しぶきがぶしゃーでちょっと突っ立ってるだけで天然のシャワーです。
びちゃびちゃ。シャワーくんに濡らされちゃいました・・・。

この迫力だし、ここが終点と思ったらどうやら違うみたい。さらに奥へ進む。
その前に記念撮影。カメラマンは空港で会ったバックパッカーさん。観光するところは同じである。

kai42.png


 奥へ奥へ。
kai44.png
ギブアップ!!!

ここはそうでもないけど、地味に長く、手を使っていかなければオワオワリになるほど険しくなる。
なので、ちょこっと登ってギブアップ。僕はいわゆるサンダルで、しかも人差し指と親指で頑張るやつ(語彙力0)
sannsa.png
こういうやつ。断じてピンクではなく底も厚くなくレディース用ではない。
ともあれこんな装備で大丈夫なわけはなく、山に敗北した。

 下山する途中友達が外国人おっさんに
「若いのにもったいない。頂上が綺麗なのに」
と煽られたらしい。



ぐやじいい!!!!!


むかついたので、退場して周辺で昼食を取る。
忘れた(左)、パッタイ(右)、なんかの肉(手前)
kai46.png
手前の肉は
お、そうだな
って感じの肉で可のなく不可もなくだったけど、他二つがくそうまかった。
とくにパッタイ。はげた。
ごはん1食15000~20000k。 飲み物10000k。二人で70000k程度。


 完食後、ついでにシャツを買い、トゥクトゥクでホテルへ(タイやヒラメが)舞い戻る。
ちょろっと休んで再びナイトマーケットへ。夕食はここしかないんだ。
昨日失敗したバイキング形式のものは割け、ソーセージを挟んだパンをほおばる。
19000k。
kai47.png
でかいソーセージだったし、大量に積んであったし、正直味には期待してなかったけど、これもくそうまかった。
ボリュームあり味もよし。完璧だった。

子供が屋台をしているところもあった。あんな小さな子供が働いてるなんて、えらいねんな・・・。

kai48.png
昨日とは違う麺料理。忘れてしまった。20000k。だったと思う。
まぶしてある粉が中々効いていたけど、これはこれでありだと思った。
塩コショウ弱いバージョンみたいな。そんな味。

 マーケットだけでは飽き足らず、店に入ってみる。
やっぱりちょっと高かった記憶があるけど、落ち着きはした。

kai49.png
僕は懲りずにレモンジュース15000k。友達はフルーツ盛り合わせと他に1品頼んでいた。
お腹を満たすというよりも小休憩に近い。

 一息つきつつ天井を見ると飾りで天井もデコレーションされていた。
きれいだなぁ。 ん??
kai50.png
レンゲがつるされていた


 小休憩とはいえお腹も膨れてので、ホテルへ戻る。昨日よりかは帰りが早かったので、まだ入り口は開いていた。
コンビニらしきところへ水を買うついでにチョコを買ってみた。15000kした気がする。タカイヨ。
kai51.png
kai52.png
普通--------にチョコだった。
普通に食べられてある意味拍子抜けだったけど、甘いものを補給でき、どことなく心が落ち着いた。





 実は昨日友達だけ夜のマッサージへ出かけたのだが、今日も行くというので僕も同行した。
旅の疲れを癒さなければ。
タイのマッサージと同じ感じかなぁなんて思ってて似た部分はあったけど、タイのほうがきもちよかった。


ただマッサージしてくれる子が比較的若かった。それだけでアドだった。

kai53.png

二階の狭いとこに寝かされてんぎもぢいいいいいいいいいいいいいいいいいいいされるけど、決して変な事をされるわけではない。


そんなこんなで再びホテルへ。
遠い場所は滝しかいってないのだが、ホテルの往復が地味に効いていたのか、結構疲れていた。
それをマッサージで帳消しできたので、スッキリ夜を迎えることができた。

明日はラオスで過ごす最後の日。
セーの滝とプーシーの丘を巡ります。

就寝。

■まとめ合計金額(現地で使ったもののみ。ホテル代は載せます。※(1k(キープ)=約0,8円))
トゥクトゥク代:往復160000k
滝入場料:20000k
昼食:25000k
シャツ2着+サンダル1足:100000k+30000k
ソーセージ:19000k
麺:20000
チョコ:15000
マッサージ1時間:60000k?

合計449000k(約5600円)


二日目書いてないんですが、気が向いたら書きます(:_;)










スポンサーサイト
[ 2016/09/22 18:00 ] 今日の一日 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

あるみほいる

Author:あるみほいる
生息地:東京都
ニコ生:http://com.nicovideo.jp/
community/co1211053
ツイッター:https://twitter.com/arumihoiru23

フリーエリア