あるみんの適当ブログ

のろのろやります。旅/ラーメン/アニメ/

タイとラオスに旅行へ行ってきた ~一日目~

kai1.png


出発だああああああああああああ



ラオスに行くにはどこかを経由する必要があるため、タイを選択。


■9月6日

 朝を迎え、成田空港へ向かう準備をする。
夏休み最終日が迫るまで宿題をやらない系うんこなので、準備もギリギリまでしていなかった。
よって2時間以上余裕を残して空港に着く予定だったのに、、場所を把握していないWifiレンタルがある上、フライトが10:00なのに8:15に空港着を決める。

・最寄から成田空港まで2800円(往復分)
・グローバルWifi→16236円(内訳:タイ+ラオスのレンタル6日双方共に3G大容量プラン14400円 オプション料金→モバイルバッテリーのみ1296円 手数料540)
・航空代金→32050円(日本→タイバンコク ドンムアン空港 往復分)

グローバルWifiURLhttp://townwifi.com/
 なにか理由があってグローバルを選んだわけではとくになく、準備するのが遅くてわりと焦っていたのでどこでもよかった。
使い勝手はなかなか。500MBまでだけど、空港やホテルのWifi時や不要なときにはこまめに電源を落としていれば超えることはない。モバイルバッテリーは多分必要。だけど、使ったのはラオスだけであり、2日程度の滞在なら不要。勿論、こまめに電源を落とすこと前提。
ラオスは起動まで時間がかかった。タイは問題なし。

航空券予約 スカイスキャナーhttps://www.skyscanner.jp/
 あらゆる航空会社を一覧で出してくれる。安く済ませるならとりあえずここから検索してしまえばいい。
AirAsiaは安いけど、料金相応を覚悟したほうがいい。とりあえず狭い。足が伸ばせない。
少し高くなってでも他を選んだほうがいいかも。なにはともあれ下調べが大事と痛感した。行きはそうでもなかったんだけど、疲れが蓄積して帰るだけが目的の帰りフライトは地獄だった。

この時点で合計51086円




 成田に着いたらまずWifiレンタルをしなければならない。ゲートを通ってからではいかなる場合でもレンタルが不可になってしまう。成田にはターミナルが3まであり

第一→最寄:成田空港
第二、第三→最寄:空港第2ビル駅

となっている。僕はよくわからなかったので、終点の成田空港まで行ったのだが、これが功を成した。
グローバルWifiレンタル受け渡しが第一ターミナルだったからだ。限られている時間の中で焦っていたのでこれは大分助かった。
勿論、場所なんて分からなかったのでおじさんに聞いた。流石案内人。すぐに答えてくれた。
これはどこでもだけど、とくに時間が限られているならさっさと聞いたほうがいい
もっとはやく聞いていれば乗り遅れなかった、なんてシャレにならない。万が飛ぶ。

受け渡しをしてもらった後、今度はフライト場所をまたすぐに聞く。人頼りの達人。本来これは下調べすべきである。
聞いたら第三だという。ターミナルからターミナルまで移動する無料送迎バスの場所を教えてもらい、さっそく乗り込む。

 

 チェックイン場所を見つけ並んでいると
「タイバンコク行きのお客様いらっしゃいませんかああああああああああ アハン」
という声が近くで聞こえたので
「タイバンコクまで行くてす、行くのですが・・・」
と伝えると他の並んでる客を無視してとっととチェックインされ、急いでくださいね。9:15なんでと言われる。
えーと今の時間は・・・9:00!?

えぇ・・・。
なにが9:15なのかちょっと分からなかったけど、もし入場最終がこの時刻なら相当やばい。
とっとと走るよハム太郎。

ゲートナンバーが88。
一番奥やん・・・。
さらに走る。9:12。なんとか間に合った。

■ゲートナンバー88
 目的の場所に着いたらゲートはしまっていた。内心焦る。
でもゲート上のボードには僕の乗る予定のフライト情報出てるし待っている客いっぱいだし、そもそも時間がギリギリなら呼びかけあるはずだし、と色々考えていると
9:15って入場開始時間なのでは?という結論に至った。

走って疲労を蓄積しただけだった。
眼鏡を落としたけど、拾ってくれたお兄さんに感謝しつつも走った僕はちょっと恥ずかしかった。

kai2.png

 入場して飛行機に乗る。通路が2か所の3席横並び左・中央・右の3か所で30列くらい?
僕は中央の左席。隣2つがリア充。

「足触っていい?」
「あはん」
4ね。

到着後のワクワク感と尿意との決闘をしていたので、許した。
到着までの間、僕の意識がある限りではトイレがひっきりなしに使われていた。どんだけ我慢して乗った客が多かったのか。


 タイまでは6時間程度。機内では入出国カードというものが渡される。普通に渡されるはずだけど、渡されずにスルーされそうな雰囲気が漂っていたらじっと見つめるか手をあげよう。
 これがだるくてめんどくさい。中学生に勝てない英語力を持つ僕にとってただのペーパーテストだった。
なので、ネットで調べて記入した。その際とても参考になったページ。これを見て書くといい。
ちなみに出国カードは返されるが、なくすと多分めんどくさい(あんまり調べてない)。入国が終わったら出国カードは
パスポートにはさんでおくべき。

タイ入出国カード→http://tabikko.com/world/thailand.html

 そして入国。長かった。
入国カード記入は本来機内で終わらせるべきだが、ネットがないと無力である僕にとっては空国に着いてネットを使えるようになってからでなければ埋められなかったので、空港に着いてから入国まで時間がかかった。

タイ空港Wifiについて
スワンナプームは分かりません。ドンムアンだけかも。
Wifi一覧を見るとこんなん。
kai1,1
 最初に
..
みたいなうんちがあり、鍵がかかっていないのが大体無料で使え、Airportが空港Wifiというわけ。
とりあえず2つあるAirportの内1つ選択した状態。ただ、選択しただけでは意味がない。
ページが飛び登録画面に飛ばされる。最初は各言語の挨拶が5つくらい表示されるので中から
こんにちは
を選択する。
すると名前や電話番号、パスポート番号を入力してね! 
と言われる。
どう考えても怖い。
ぼくは怖かったので工夫しました。

工夫が終わるとログイン画面に。ログインを押せばそのままWifiが使えるが、1日2時間限定。初恋限定。
AirportWifiは2種あり、両方とも操作は同じなので、工夫した後でログインをすれば最大4時間が使える。モバイルWifiは使わず、ぜひタイ空港のWifiを活用しよう。



 空港からホテルへ向かう。
最寄駅はナナ駅+そこからクソ近いという情報しか知らない日本人は、先にホテル最寄へ着いているはずの知人ととっとと合流しなければならない。
このナナ駅までの道のりとしてはタクシーを選択した。
電車やバス等駆使すると100B(約300円)もしないで到着できるのだが、僕は時間と安定を取った。
とりあえず空港から出ると一人の怖そうな男が話しかけてくる。

?「タクシィ?」
僕「いえあ!」
?「バーツ(手で6を示す)」
僕「(なんかよくわからないけど)おっけー」

※600B(約1800円)くそぼったなので、気を付けてください。通常は2~300B程度です。
適当に返事した自分が悪いので、自業自得


いっぱい走ってる黄色いタクシーやろなぁとか思ったらなぜか地下に連れて行かれ、しかも大男に二人っきりにされ、さらに黄色ではなくどう見ても一般車に乗せられる。



 そのまま郊外に連れて行かれて身ぐるみほぼ全部剥がされました。被害額7000B(約2万)
体格がやばすぎる+荷物大量だったので抗う術なし。されるがまま。










 というのは嘘ですが、死を覚悟したのはまじです。
タクシーじゃなくて一般車でしかも大男と1:1で車に乗せられたら殺されると思うのが普通です。
時間が40分程度。ガンガン飛ばすので、気持ち悪くなって吐きそうだった。
水は当たり前ですが、酔い止めは飲むべきかも。
乗ったのがタクシーもどきの一般車だからでは?という最もな意見が飛んできそうですが、どうやら通常タクシーでもガンガン飛ばすのが普通らしいので覚悟してください。

 しっかり600B取られ、ナナ駅に到着。知人と合流する。
知人はタクシーを使わずにバスや電車を利用して50B程度でナナ駅に到着したらしい。600Bとは?

駅から近いは近いけど、そんな近い!!!!!というものではなかった。
10分くらいは歩く。

予約先→Royal express inn sukhumvit
kai3.png
宿泊先→ROYAL ASIA LODGE


えぇ・・・名前違うやん・・・。
ただ違うホテルマンに宿泊先見せてここ案内されたので、まあ大丈夫なんだと思います(:_;)

kai4.png

kai5.png

 ベッド頭上にあるライトに埃が残っていた以外はとくに問題なし。
シャンプー、ボディーソープ、バスタオル、Wifi、冷蔵庫、冷房
一通りそろっているので不便を感じることはないと思う。



 ホテルに荷物を置いた後で、バックパッカーの聖地とも言われているカオサンロードへ向かうことにする。
タクシーという甘えた手段を取らずに電車とバスを使って向かうことになった。
google君に頼っていたが、あまり頼りにならず、電車ではそこまで近づけなかった。
事前に調べるべきだった。反省。

kai6.png

 すっかり日も落ちている。
タイは込み具合がやばい。空いているように見える手前も振り返ればすぐそこが渋滞。バスが来るまで大分まったけど、乗ってから着くまでも大分かかった。

タイのバスについて
バス停は数字がいくつか書いてあるだけでいつ来るのか、いつが最後のバスなのか全くの不明です。
バスにも同じ数字が書かれているので、このバスはここを通るっていう判断しかできません。
カオサンロードまではどの数字が行くのかよく調べておきましょう。

バスに乗ると一人の乗務員が来て料金を払うよう促してくるので払いましょう。この時行き先を伝えられればいい感じ。
区間統一料金(おそらく)。20~30B(60~90円)程度。安い。

 
ここでいっぱい待ってようやく乗れたバスは
カオサンロード行かないよあっちだよ、と注意され、料金を払った2秒後に降りたのは内緒。

現地時間でホテルに着いたのが17:05
このバス待ちが18:25
着いたのが19:15

かかりすぎぃ!!

というわけで着きました。

kai7.png

kai8.png

kai9.png

 降りる時、乗務員と僕らのやりとりを見ていたであろう一般人が
カオサンロードここだよ
と教えてくれた。
基本的には乗務員に話していれば乗務員が教えてくれるのだが、この時は一般人が教えてくれた。
日本で全く同じ状況があっても教えてくれる日本人なんていないだろう。タイ人はとても暖かい。気候も。


カオサンロード
 人が多く、商品を紹介しながら近づいてくる商人は勿論、買ってくれと話しかけてくる店員だらけ。
イチイチ止まっていてはキリがないので、ひとまず全体を軽く歩こう。
日本人には会わなかった。いたのかもしれないけど、人だらけで気付けない。

2枚目はパッタイ
パッタイ とは
タイで作られる焼きそばのことである。米粉でできたやや太めのビーフンを使用して作る。パッは「炒める」、タイはタイ王国のこと。 ウィキペディ

これがうまい。揚げ春巻きの中身の味にケチャップ混ぜたような味。非常に食べやすい。80B(多分)


3枚目 ケバブ
秋葉とか行くなら見たことであるであろうおなじみのあれ。うまい。
こちらも80B程度(多分)


 満足してシャツやら見たあとでマッサージを受けることにする。
タイ式マッサージとかよく聞くし
あーナキソ
とか入る前は思ってた。

全身1時間を200B(600円)。部屋に案内され、マッサージが始まる。


■タイマッサージ

日本のマッサージを受けたことがないのでマッサージそのものがよくわからないが、一言でいうなら
容赦なさすぎる

よくポキポキ鳴らす足の指や手の指。あれを強引に鳴らしてくる。痛い。
鳴らした後で各指を勢いよく引っ張る。きもちいいとこもあればもげる感覚を覚える指も。痛い。でもきもちい。

そこからは全身ストレッチな感じ。ただ、お肉を叩いて伸ばすの繰り返しで痛いけど、きもちいい。そう痛きもちいい。
お肉が叩かれ伸ばされていたとき
このまま油にポイされてカオサンロードのお肉にされてしまうのでは?
という不安がちょっとあった。

 一番きつかったのは
うつ伏せにされ、背中をめちゃくちゃ押されるもの。
喉が潰されるのでむせる。息を止めていないとむせるので注意。

痛い痛い続きだったけど、終わった時は身体が軽かった。ラオスでもマッサージ受けたけど、タイのほうが僕はよかった。
あまりにきもちよすぎたため、ホテルまでの帰りが憂鬱だった。

全身性感帯なのか、何か所かくすぐったすぎて死ぬかと思った。

kai10.png
■ホテルまでの帰り
さっさと帰りたかったんで、タクシーを考えたがこれまたバスを選択。
また長い長いバスが始まるのかと思ったけど、帰りは速かった。
渋滞していなかったのと、多分ルートが違ったんだとおもう。それでもこんな感じでまだまだ交通量は多い。

■タイのコンビニ
セブン9割ファミマ1割
僕はセブンしか見ませんでした。セブン強し。
物価は半分以下なので、コンビニでも気楽に買い物ができてしまう。


kai11.png
kai12.png

 ホテルに到着するまで雷雨に襲われる。雷も鳴っていた。気候の変化が激しいので、体調管理にはご注意を。

 タイらしい服で寝る(写真は友達)。こういうひらひらした身体に負担の少ないの、好きです。
日本に帰ってからも寝間着として重宝すると思います。思い出品と寝間着の一石二鳥。

2枚目はお茶。おいしいと書かれていたのと渋みが欲しかったので購入。
飲んだ。


あますぎわろた




というわけでお茶は買わないようにしましょう。
少なくともこの2つはだめです。
渋いの嫌だから砂糖いっぱい入れて渋み消したった
的な甘さ。

タイでのいい飲み物見つけたら一報ください(*^_^*)



そんなこんなで就寝。
飛行機乗ってホテル着いてカオサンに時間かけていって雷雨におそわれて散々な一日も、寝れば回復。
次の日はラオスへ向かいます。お楽しみに。


■まとめ合計金額(現地で使ったもののみ。ホテル代は載せます。※(1B(バーツ)=約3円))
タクシー→600B
ホテル代→450B
電車代→25B*2→50B
バス代→15B*3→45B
パッタイ+ケバブ→計160B
マッサージ→300B
服等→1着150~200B程度→400B
水等→計40B

合計2045B(約6000円)


スポンサーサイト
[ 2016/09/12 11:06 ] 今日の一日 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

あるみほいる

Author:あるみほいる
生息地:茨城県
ニコ生:http://com.nicovideo.jp/
community/co1211053
ツイッター:https://twitter.com/arumihoiru23

フリーエリア